ドライヤーの風量の満足度調査| 研究室

 

 

ドライヤーの風量は、いったいどのくらいが最適なのでしょう。

 

ふつうに考えれば、風量が大きいほど、乾くのは早いものです。

でも、だからといって、やみくもに風量が大きい方がいい、というものではないですよね。

 

風が強く当たっている部分は早き乾き、それより離れた部分はまだ完全に乾いていない。

それは乾き加減のムラにつながり、ひいては、髪の乾きすぎ、水分不足をも引き起こしてしまいます。

 

当社のドライヤーは、温度だけでなく、最適な風量のことも考えて作られています。

 

ここに、当社のドライヤーを使っていただいた方の、風量に関するアンケート結果があります。

当社ドライヤーの風量を5とした場合、「どのぐらいの風量を希望しますか?」という質問に答えたものです。

10に近いほど「もっと強い風がいい。」、1に近いほど「もっと弱い風がいい。」を、表しています。

 

そして、その結果、約半分の方が、5、つまり、「現在の風量に満足している。」とお答えいただいています。

次に多いのが、5よりやや強めの6と7ですが、それでもそれらを合計しても、約4分の1ほどです。

残りの部分は、それよりさらに強めの8,9,10がほぼ占めており、5より弱めを希望している人は、ほとんどいません。

 

つまり、風量5は、強すぎない範囲で、満足していただける最適の風量。

当社のドライヤーは、それを実現させています。