髪を温めて冷やす30秒間の温冷美髪術| プロが教えるヘアケア術

痛んでパサパサになった髪も
広がって全然まとまらない髪も
たった30秒でしっとりまとまる髪に変える

温めて冷やす魔法の美髪術

ゆっくりケアする時間がない忙しい大人の女性におすすめ。
楽して簡単に極上美髪になれる秘密のケアテクニックとは?

バサバサになって、どうしようもなく傷んだ髪を、たった30秒でケアする裏技があります。
そのポイントは「毛先だけに集中すること」です。
ヘアケアは色々あるけど、あれこれ考えずに、とにかく毛先だけを集中してケアしてあげることが一番簡単で、なおかつ効果的なケア。
たったこれだけで、あなたの髪は見違えるほど美しく見えるようになります。

これだけ聞くと「毛先?なんだそんな話か」と考えるかもしれませんが、実はここからが大切なポイントです。
ヘアケアの中でも特に効果的な美髪術なので、もう少しだけ読み進めてください。

毛先を集中的にケアすれば、見違えるほど髪がきれいになる理由。
それは、あなたの髪の毛の毛先部分は3~5年も前に生まれているからです。
これは髪の長さにもよりますが、これだけ長い間、毎日毎日ドライヤーやスタイリングを重ねてくれば、毛先のキューティクルは疲れ果ててボロボロになっています。

もともと、キューティクルとは髪の水分をキープする役割を果たしていますから、キューティクルが壊れてしまうことで髪の水分が垂れ流しになって乾燥してしまうのです。
こうなると髪の水分はみるみる減っていくばかり。
これが、毛先がバサバサになってしまう原因。

さあ。
その一方で、あなたの髪の生え際部分を見てください。
ここはまだ生まれたてですから、赤ちゃんのようにキレイな状態のはずです。
髪の美しさを左右するのは水分量ですが、生え際の部分となるきれいな髪にはまだまだ水分がしっかりキープされてツヤツヤしています。
このような髪には、ほとんどケアは必要なく、極端な話ですが、ほったらかしでもキレイな髪のままなのです。

つまり、髪の毛はまんべんなく傷んでいるのではないということ。
毛先だけダメージがひどく、根本はキレイなのです。
そのため、ダメージが強くて水分量が少ない毛先だけを集中的にケアすれば、髪全体がキレイに見えてしまいます。
女性の髪のトラブルはそのほとんどが毛先に起きていますから、毛先をきれいにするだけで10才若く見せることも十分可能です。

でも、ここでちょっと疑問が生まれます。
「毎日リンスやトリートメントしてるのに、なんで毛先に水分が不足してるの?」

この理由は簡単です。
あなたがおこなっている、トリートメントやヘアエッセンスは、まったく髪に浸透していないからです。

傷んでパサパサになった髪の毛は、乾燥パスタによく似ています。
袋から取り出したばかりのパスタを、冷たい水を付けたとしても水分が中に入って柔らかくなるまでに1時間近くかかってしまいます。
パスタは、温かいお湯であたためるからこそ3分でも内部に水分が入るのであって、そうでなければ乾燥したままなのです。
さらに、お湯でしっかりゆでたパスタであっても、お皿の上に放置してしまえば、ほんの数分で水分がでていってカチカチに戻ってしまいます。

まさに、女性の髪では同じことがおこっているのです。
乾燥パスタのように、常にパサパサの状態が続いています。

では、どうすればバサバサの毛先に水分を送り届けることができるのでしょうか?

その秘密がパスタと同じく「温度」なのです。
髪の毛は温めることでキューティクルが開いて、髪の内部に水分が入りやすくなります。
そのため、一番ヘアケア効率がいいのは、実はトリートメントのタイミングではなくドライヤーで髪が温まった後なのです。

「なるほど、じゃあ、髪を温めてトリートメントやヘアエッセンスを使えばいいのね。」
いいえ。
これだけでは足りません。
もう一度パスタを思い出してください。
お湯でゆでたパスタをお皿の上においたまま10分経過するとどうなりますか?
パスタはまたパサパサに乾燥して固くなってしまいますよね。

髪の毛に一度入った水分もしっかりキープしてあげないと、またすぐに外にでていってしまいます。
特に温めるケアはキューティクルが開いているから水分が入りやすいというメリットがある一方で、せっかくの水分が出ていきやすいというデメリットもあるのです。

そのため、温めるケアをおこなった後は、必ず冷やすことを忘れないでください。
キューティクルは温まると開きますが、冷やすと閉じるという性質がありますから、この性質を利用して、入れ込んだ水分をしっかりキープさせてあげると水分量がどんどん増えていきます。

この温と冷を活用したケアこそが、バサバサになってしまった毛先に最適なケアです。
髪に水分を入れていくことで、髪はしっとりまとまるようになります。
一番、短時間で髪がきれいになるテクニックなので、特に忙しくてゆっくりケアする時間がない女性にはおすすめです。

そこで、私たち髪美人育成プロジェクトは、このケアを、誰でも簡単に、毎日30秒でできるようにしました。

それがヘアエッセンス60℃ヒートケアプログラムです。
このプログラムでは、ドライヤーの温度を活用して専用のヘアエッセンスを髪の内部に入れ込んでいきます。
毛先に水分を入れ込んでいくために作られた専用のヘアエッセンスですから、毎日続けることでみるみる毛先の違いを実感できるようになります。

温めてヘアエッセンスを浸透させたら、次は冷やす番です。
髪を冷やすには専用の「低温コールドコーム」を使用します。
このコームは温度を吸収する特殊アルミで作られているため、温まった髪をさっととおすだけで、髪を冷やすことができます。

使い方はとっても簡単。
1日30秒のケアだけです。

いつものヘアドライヤーの後にヘアエッセンスを毛先になじませてください。(10秒)
その後、髪全体にもう一度ドライヤーの熱を与えます。(10秒)
最後にコームで髪を冷やしてください。(10秒)

これだけです。
このケアでは、髪の毛先だけを重点的にケアするので、髪の根元にエッセンスは使用しません。
このたった30秒のケアを続けるだけで、あなたの髪は見違えるほど美しく輝くようになります。

ただし、このヘアエッセンスは従来のトリートメントやヘアエッセンスのようにコーティング剤で表面をコーティングするものではない点にご注意ください。
そのため、使った瞬間に髪がサラサラになることはありません。
髪の表面をコーティングしてしまうと、髪の毛が油で包まれるために直後はサラサラになりますが、油は水分をはじいてしまうために、翌日にはもっとバサバサの髪になってしまいます。
そのため、このヘアエッセンスにはコーティング剤成分を一切配合せず、保湿成分で作られています。
このプログラムは髪にうるおいをあたえていくものですから、毎日のケアを重ねることで少しづつ水分をいれこんで、最終的にワンランク上の極上美髪を目指していきます。

人工のサラサラ成分ではなく、髪自身がしっとりうるおってくると、「髪がほほに触れるとひんやり冷たいぐらい潤っているのに、ふんわり軽いサラサラの髪」という上質の髪質間を体感できます。

ぜひこのプログラムで上質の髪を手にしてください。

ヘアエッセンス60℃ヒートケアプログラムはこちら